北九州市折尾地区は、明治以来、同市西部及び遠賀地区の行政の中心として発展してきた。しかし、周辺地域の宅地開発による住環境の変化や人口の増加、学園都市としての発展等に伴い、折尾駅周辺の中心地域は、その都市機能を強化する必要性が高まりつつある。周辺には西鉄旧折尾駅の煉瓦橋やJR折尾駅舎、堀川等の歴史的遺産があり、これらを街の記憶として継承しつつ、新駅舎と駅前広場、集会施設、歩行者ネットワーク等について機能性を考慮した街並みのあり方についてスタディを行った。

CONTACT
OTHERS
PROJECT
TOP
ABOUT US
WORKS

>>BACK
折尾まちづくりコンサルタント

TOP OTHERS>折尾まちづくりコンサルタント

ブラックステューディオ


コンサルタント活動

Architecture & Design

Black Studio